. 東京-北京フォーラム 公式サイト - 大連宣言

特別分科会

2016年9月27日 (火曜日) 13:30-17:45  ⇒ 報告はこちら

全体テーマ:日中の人的移動は両国関係の新風となれるか
~生活、就労、観光、留学―民間で進む日中台交流の課題と展望
前半テーマ:両国民間で進む人的移動と交流の実態と課題
後半テーマ:日中の人的移動を両国関係の追い風にするための何が必要か

 ※プログラム・パネリストは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
司会

小倉和夫(国際交流基金顧問、元駐フランス・韓国大使)
福本容子(毎日新聞社論説委員)
王惠(北京市政府新聞弁公室元主任、ニューススポークマン)

パネリスト

 
【日本側】

小倉和夫(国際交流基金顧問、元駐フランス・韓国大使)
福本容子(毎日新聞社論説委員)
江川雅子(一橋大学教授)
加藤鮎子(衆議院議員)
杉村美紀(上智大学総合人間科学部教育学科教授)
日野正夫(東日本旅客鉄道株式会社常務取締役、鉄道事業本部副本部長) ※前半のみ
山下晃正(京都府副知事) ※前半のみ

【中国側】

王惠(北京市政府新聞弁公室元主任、ニューススポークマン)
劉江永 (清華大学当代国際関係研究院教授)
羅玉泉 (国家旅遊局駐日首席代表)
李茜(雲南省政府新聞弁公室主任、ニューススポークスマン)
李文麗 (海信日本公司(ハイセンスジャパン)総経理)
段跃中 (日本僑報出版社総編集長)
 

「第5回 北京‐東京フォーラム 大連宣言」

 

 「第5回 北京‐東京フォーラムin大連」は、フォーラム出席者の皆様の積極的なご参加と絶大なご支援の下で、二日間に亘る対話を成功裏に開催することができた。150名にも上る日中両国の政府高官やビジネス界・マスコミのエリート、及び両国を代表する学者の方々が、「世界金融危機下での日中協力」をテーマに、忌憚のない、真剣な議論を繰り広げ、交流を通じて相互理解を深めた。また、日中関係を健全に発展させ、なかんずく両国間の経済貿易、金融分野や地方の協力及び民間交流の推進などの面について、数多くの合意が得られた。フォーラム参加者は、新しい政治や経済の情勢の下で、両国の関係を如何に促進していくべきかに関して、少なからずの鋭い見解が出された。

 「北京‐東京フォーラム」が誕生してからすでに五年目を迎えた。その五年間、このフォーラムは日中関係がもっとも厳しい時期から脱出して、新たな歴史的なスタートを切ることに参加し、またその証人台に立つことができた。両国の指導者による度重なる相互訪問や接触は、両国間の戦略的互恵関係を全面的に推進していく共通の目標を確定し、両国間関係を安定的な発展の軌道に乗せた。「第5回 北京‐東京フォーラム」はこのような新しい情勢の下で開催され、予想以上の成果を収めた。

 東京で昨年行われた「第4回 北京‐東京フォーラム」の共同声明では、このフォーラムが二国間関係に関する話題のみならず、アジアの未来についても着目すべきであり、このフォーラムを日中両国がアジア、ひいては世界に向けた対話のプラットホームにまで発展させていくべきと主張した。

 今回のフォーラムが「世界金融危機下での日中協力」をテーマにしたのも、このフォーラムがアジアや世界の課題に積極的に向かい合い、その中での新しい日中関係を創造していくことに、対話のレベルを上げていくという絶え間ない開拓精神の表れである。

 日中両国はアジア、ひいては世界でもっとも影響力を有する国であり、両国の経済情勢はアジア及び世界の経済発展にとって、極めて重大な影響を与えている。両国の経済連携の強化は双方にとって、現在直面している世界的な経済危機という困難を乗り越え、地域の経済成長を引っ張り、さらに世界的な景気回復にも積極的な役割を果たすものである。「北京‐東京フォーラム」は、今回の金融危機をきっかけに、今後日中両国がより実務的な姿勢で協力を全面的に強化し、連携しながら危機に立ち向かうべきことを確認する。それは時代の流れであり、また国民の望む方向でもある。かつ、両国の経済発展及びグローバルな景気回復にとっても非常に重要な意味を持つ。

 「北京‐東京フォーラム」は当面10回開催することで合意しており、今回はその折り返し点となる。世界における日中両国の役割が高まる中で、私たちは両国関係だけではなくアジアの未来についても積極的に取り組むべき段階になっている。「北京‐東京フォーラム」は次の5回においては、こうした新しい状況や課題に積極的に応えるため、東アジアの未来やそのための課題解決に向けたよりレベルの高い具体的な対話の方向に発展していくべきとの認識で一致した。

 そのためにも、より広範囲に両国の各界の有識者にフォーラム参加を呼びかけると同時に、フォーラムの開催を通じて、両国のより多くの国民に、日中関係前進の歴史的な重要性を認識させ、このフォーラムを活力に満ちた、しかも継続的な対話の交流のプラットホームとして、両国間のハイレベル及び民間交流を推進し、政治上の相互信頼感を増強させ、経済貿易面の連携をより一層強め、双方の摩擦と食い違いを軽減していくべきである。

 我々は今後とも、日中間やアジア、世界の課題に真剣に向かい合い、日中両国民の共通利益に立って、両国関係の更なる改善や、アジア及び世界の調和的な発展と共同の繁栄のために力を尽くし、この「北京‐東京フォーラム」が日中両国における官民一体の優れた交流と協力の枠組みとプラットホームになれるよう、さらに努力していく。

2009年11月3日

「北京-東京フォーラムin大連」


以上

カテゴリ: 2009年 第5回