. 東京-北京フォーラム 公式サイト - レセプション

特別分科会

2016年9月27日 (火曜日) 13:30-17:45  ⇒ 報告はこちら

全体テーマ:日中の人的移動は両国関係の新風となれるか
~生活、就労、観光、留学―民間で進む日中台交流の課題と展望
前半テーマ:両国民間で進む人的移動と交流の実態と課題
後半テーマ:日中の人的移動を両国関係の追い風にするための何が必要か

 ※プログラム・パネリストは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
司会

小倉和夫(国際交流基金顧問、元駐フランス・韓国大使)
福本容子(毎日新聞社論説委員)
王惠(北京市政府新聞弁公室元主任、ニューススポークマン)

パネリスト

 
【日本側】

小倉和夫(国際交流基金顧問、元駐フランス・韓国大使)
福本容子(毎日新聞社論説委員)
江川雅子(一橋大学教授)
加藤鮎子(衆議院議員)
杉村美紀(上智大学総合人間科学部教育学科教授)
日野正夫(東日本旅客鉄道株式会社常務取締役、鉄道事業本部副本部長) ※前半のみ
山下晃正(京都府副知事) ※前半のみ

【中国側】

王惠(北京市政府新聞弁公室元主任、ニューススポークマン)
劉江永 (清華大学当代国際関係研究院教授)
羅玉泉 (国家旅遊局駐日首席代表)
李茜(雲南省政府新聞弁公室主任、ニューススポークスマン)
李文麗 (海信日本公司(ハイセンスジャパン)総経理)
段跃中 (日本僑報出版社総編集長)
 

 10月26日、「第9回 東京-北京フォーラム」の全体会議と分科会会議が終了した後、駐中国日本大使館でレセプションが開催され、同フォーラムの日中両国パネリストを中心とした方々が参加しました。

木寺昌人駐中国特命全権大使



 まず、木寺昌人駐中国特命全権大使が、同フォーラムのような日中間の率直な意見交換の場を続けることは非常に重要である、とこれまでの主催者の努力に敬意を表した上で、今後もフォーラムで行われたような議論をを継続的に続けていってほしい、と挨拶しました。

 

 その後、本フォーラムの日本側実行委員長である明石康氏、中国側理事会の理事長である趙啓正氏が、今後の日中関係の改善に向けて努力をしていくと決意を語りました。

福田康夫氏(元日本総理大臣)

 最後に、福田康夫氏(元日本総理大臣)の乾杯の音頭でレセプションが始まりました。

 

 その後、終始和気あいあいとした歓談の後に、レセプションは終了し、明日の全体会議に向け、ひと時の英気を養いました。

 レセプション

親カテゴリ: 2013年 第9回
カテゴリ: 記事